「お菓子なコルドン日記」を改名し、”Salon de Reina”と致しました。過去のル・コルドンブルー通学日記、自宅洋菓子教室、食べ歩きを中心とした日常を綴っています。


by kurumi-sweets
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最終調整&お家飴細工 その10


最後の調整。時間を計っての試作です。

前回は型をはずす際にムースが固まりきっていなかったorバーナーで温めすぎてしまったため、側面のムースが溶けて、良く見るとグラサージュににじんでいました。
そこで、今回は型にあらかじめムースフィルムを仕込んでおいて、最後の最後にはずす、という方法をやってみます。たしか基礎の時はそういうのも倣った気がします。

結果は・・組み立て、仕上げのグラサージュともに時間内にうまくできたものの、最後にムースフィルムをはずす際に、ムースも少しだけながら一緒にはがれてしまい、表面が美しくありませんでした。

また、無理やりムースフィルムを取ろうとして、ケーキに変な力がかかって、ヒヤリとしました。
やっぱりムースフィルムは使わない方が良さそうです。

週末に多めに作っておいたデコールのチョコレートは、暖かいところに置いてしまったらしく溶けてしまっていたので、もう試験では不要ですが、チョコレート細工もやりました。
暖かい部屋でのテンパリング、ばっちりでした。

時間が余ったので、飴細工もやりました。
いつもの天然色素では真っ赤がなかなか出ないので、食べるわけでもないので、シュガークラフト時代に購入した、WILTONの食用色素を使いました。(もちろんこちらも食べてもOKです。)赤を使ったら鮮やか過ぎて、ブルゴーニュの方がニュアンスが出て、学校の赤に似ていたかも・・

それから、パラチニットも作りました。
お家のシルパッドでは思ったようなビュレになりませんでしたが、再加熱していい感じに。

これらのチョコと飴をアントルメに飾って、本日の作業が全て終了しました。

試作品(完成版)の写真は、後ほどUPします☆
[PR]
by kurumi-sweets | 2010-09-03 23:40 | コルドンブルー 上級 練習