人気ブログランキング |

「お菓子なコルドン日記」を改名し、”Salon de Reina”と致しました。過去のル・コルドンブルー通学日記、自宅洋菓子教室、食べ歩きを中心とした日常を綴っています。


by kurumi-sweets
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:コルドンブルー 工芸菓子( 18 )

「神戸のウエディング」


ル・コルドン・ブルー神戸校の工芸菓子プロジェクトにて制作した、
飴細工チームの作品「神戸のウエディング」のお写真です。

神戸に住んでいる高校時代の料理部のお友達に、今回の洋菓子フェスタのことをお伝えしたところ、早速見に行ってくださり写真も頂戴しました。
掲載してOKとのことでしたので、こちらにご紹介させて頂きます。
b0171885_12362487.jpg

他の方にも写真を送って頂きました。(こちらも載せてよいか聞いてみようと思います。)

皆様、ありがとうございました!!

★洋菓子教室”Salon de Reina” ★


by kurumi-sweets | 2011-05-02 23:40 | コルドンブルー 工芸菓子

神戸洋菓子フェスタ開始

大丸神戸店にてGW中に開催されるイベント、
「神戸洋菓子フェスタ2011」 が本日より始まりました。

ル・コルドン・ブルー神戸校の工芸菓子プロジェクトで制作した作品が、出展中です。

見に行くことができず本当に本当に残念ですが、遠くから盛況を祈っています。

他の出展者の方々の展示も気になります。

★洋菓子教室”Salon de Reina” ★


by kurumi-sweets | 2011-04-28 23:40 | コルドンブルー 工芸菓子
一週間の最終作業を経て、ピエスがかなり完成しました。
b0171885_12345137.jpg

最後の組立ては、搬入の際に行われる予定です。
まだ途中ですが、メンバーが揃う最終日でもあったので、ピエスを囲んで記念撮影しました。
そして、通訳のMさんが買ってきてくださった差し入れとともに、みんなで乾杯しました。

1月から約4ヶ月。
これでついに終わったんだと寂しい気持ち、最後の完成を見届けられないのは残念でしたが、無事に終わってとても達成感がありました。

東京からの参加は大変なこともありましたが、楽しく作業することができて良かったです。

お世話になった神戸校の方々、プロジェクトメンバーの皆様、それから応援してくださった周りの方々に、御礼申し上げます。

★洋菓子教室”Salon de Reina” ★


by kurumi-sweets | 2011-04-25 23:40 | コルドンブルー 工芸菓子
本日は工芸菓子プロジェクトの参加、最終日です。
最終的な仕上げと組立ては、搬入日に行われる予定です。

本日も夕方から作業でしたが、15時頃からお伺いして仕事を進めました。

まずは昨日上手くできなかった、鳥の目玉作り。
かなり細かい作業で、何十個も失敗して、ようやく同じ大きさのきれいなものが2つ完成。

続いて、目やまぶたなどを頭の部分に貼り付け、顔を作っていきます。
このまぶたを作る作業が更に難しい、、、
そして同じようにくちばしを作り、羽毛とまつ毛なども。
昨日までは順調でしたが、ここで壁にぶち当たった感覚がありました。

何とか形にして、雄鶏なのでシルクハットを作ってかぶせました。
b0171885_12582775.jpg

この段階でほっとしていたら、最後に本体にしっぽとつばさを貼り付ける、とのこと。
すっかり忘れていました。

どちらのパーツもかなり壊れやすく、でもこれが最後の作業なのであと一息です。
まずは尻尾を貼り付けて、胴体の形を微調整して、鳥の形に仕上げます。

そして翼を、角度をうまくつけて貼り付けました。
2枚目の翼を貼っている時には、いよいよ最後なんだなと、感慨深いものがありました。

時間ぎりぎりでしたが、無事に鳥が完成しました!!
b0171885_1313798.jpg


★洋菓子教室”Salon de Reina” ★


by kurumi-sweets | 2011-04-24 23:40 | コルドンブルー 工芸菓子
本日も夕方から工芸菓子プロジェクトの作業でしたが、折角なので14時過ぎからコルドンに伺って、作業をさせて頂きました。

今日のお仕事はまずは飴細工の薔薇作りです。
花嫁のブーケとなる花束用のローズをたくさん作ります。

飴細工のローズは大好きなので、楽しみでした。
いつものオリジナルなローズとは少し変わった形になりますが、薔薇らしくできました。
b0171885_12592974.jpg

ローズは最終的に、リボンとともにこのような感じで飾られました。
b0171885_1331461.jpg

その後は昨日の鳥の続き。
しっぽを作って、羽毛のパーツを貼り付けます。
両面貼るので、昨日の翼と比べるとかなり大変でした。
b0171885_1302697.jpg

それから、ちょうどパンの中級クラスを受講中のKさんが実習室に来てくださり、授業で作ったパン(クーク)を差し入れに持ってきてくださりました☆
Kさん、ありがとうございました!
b0171885_1314860.jpg


★洋菓子教室”Salon de Reina” ★


by kurumi-sweets | 2011-04-23 23:55 | コルドンブルー 工芸菓子
夕方から、工芸菓子の最終作業に参加しました。

実は月曜日から毎晩行われており、本日は金曜日。
かなりの部分が出来上がっていてびっくりしました。

先週末に作った、たくさんの桜の花も飾られていて嬉しかったです。
ラップがかかっていて見ずらいですが、下の段はこのような感じとなります。
b0171885_1302993.jpg

大変残念なことに、前日の夜の作業終了後に大きなパーツが落下して、いくつかの部分が壊れてしまったそうで、今日はその作り直しから始まります。

まずは黒い流し飴で、新郎のシルクハットのつばの部分や、蝶ネクタイを作りました。
シルクハットの飴を流す、型の成形も行いました。

それから、シュクル・スフレ(膨らし飴)で、鳥の胴体を作りました。
この手法は、デモンストレーションでは見たことがありますが、作ったことがありません。
興味はあったので、かなり前に飴ポンプは購入しましたが、家で試してみても思うように作れず、工芸菓子コンテストでもこの手法は避けていた・・というものでした。

シェフに教えて頂きながらでしたが、なんとも上手くできませんでした。
一緒に作ったメンバーの方は、とてもお上手でした。

残りの時間で、鳥の翼を作りました。
翼は、土台の上に、小さな羽根を貼り付けて作ります。
とても割れやすく、冷えやすく、なかなか神経を使う作業でしたが、引き飴のこういった作業はとても好きなので、楽しみながら作りました。

翼はこのような感じに仕上がりました。
b0171885_12595112.jpg

作業は夜まで続きました。
明日は薔薇を担当することになっています。
完成が楽しみです。

★洋菓子教室”Salon de Reina” ★


by kurumi-sweets | 2011-04-21 23:50 | コルドンブルー 工芸菓子
ル・コルドン・ブルー神戸校の工芸菓子プロジェクトで制作している作品は、
GWに神戸で行われる「2011洋菓子フェスタ in Kobe」に出品されます。

神戸の有名なパティスリーやホテルの作品と共に、ル・コルドン・ブルーの作品2つ
(飴細工とチョコレートの大型工芸菓子)が展示されます。

去年の11月に行われた「工芸菓子プロジェクト2010」の入賞者6名が、ル・コルドン・ブルーのシェフの指導の下で、作品制作のお手伝いをさせて頂きました。
今年の1月のミーティングに始まり、4ヶ月かけて準備・制作を行いました。

展示の他にもクッキングセミナーや販売も行われますので、皆様是非いらしてください!!


開催日時:2011年4月28日~5月5日 ※10:00~20:00、最終日/10:00~16:00

開催場所:大丸神戸店

by kurumi-sweets | 2011-04-17 23:55 | コルドンブルー 工芸菓子
ル・コルドン・ブルーの工芸菓子プロジェクト@神戸の作品制作に参加しました。

先週に続いての神戸行き&作業に参加です。
作業は夜ですが、東京を朝早くに出発してお昼から夜まで作業させて頂きました。

前回はパスティヤージュのパーツを作りましたが、今週はパスティヤージュの花を作りました。

作るのは2cmくらいの大きさの桜の花。
型で抜いて、模様をつけて、成形し、乾燥させます。
そしてグラスロワイヤルとお砂糖で、花の中心を作ります。

今日はこれを300個作るのがお仕事でした!

薄くて小さいパスティヤージュはとても乾燥しやすく、初めは2つずつくらいしか作れませんでしたが、試行錯誤の結果、作業や道具をを工夫して一度に2~30個作れるようになり、日中で花の部分が完成しました。
b0171885_12554787.jpg

和菓子みたいです。
写真では分かりませんが、厚さは1mmくらい。
一つずつ手で成形していて、ひびが入ったら失敗です。

~お昼はまた、グレゴリー・コレでランチしました~

夜も引き続き黙々と作業し、思ったより早めに作り上げることができました。
手の向こう側に見えているのも、全部桜の花です。
b0171885_1257279.jpg

今日は頑張りました!!

先週作ったパーツも、無事にピエスに使って頂けていました。
先週は、薄い複雑な形のプレートを60枚と、ハートのくり抜きの板などを作りました。

写真をBLOGに載せてOKとの確認が取れましたので、途中経過を初のお披露目です☆
下の段の細かい部分が、先週のパーツです。
b0171885_12595756.jpg

どんな作品が出来上がるか、楽しみにお待ちくださいね。

作品はGWに大丸で行われる「スイーツ展」に出展予定です。

18日から1週間毎晩かけて、制作の仕上げと飴細工を行う予定です。

時間の都合と作業の区切りのため、今日は早めに終わりました。
帰りに大丸に寄ってから帰りました。


★洋菓子教室”Salon de Reina” Grand Openは5月の予定です。★


by kurumi-sweets | 2011-04-17 23:45 | コルドンブルー 工芸菓子
ル・コルドン・ブルーの工芸菓子プロジェクト@神戸の作品制作に参加しました。

地震の影響で3月はお休みしたので、しばらくぶりの神戸&プロジェクト参加です。
私はフルタイムの仕事についているのでもともと平日は参加することができませんが、作業は水曜・土曜に行われています。
前回は土台のパーツを作ったところだったので、ずいぶん進んでいてびっくりしました。

作業は夕方からですが、遠方からの参加なので、東京を朝早くに出発してお昼から夜まで作業をさせて頂きました。

シェフは授業中でアシスタントさんにご説明頂き、パスティヤージュのパーツを作りました。

まずは大量のパスティヤージュを作ります。
機械も使いますが、最後に手で混ぜるのが硬くてとても大変・・
上級の授業では、力が弱くてできなくてDシェフが手伝ってくれた記憶があります。
代官山校とは機械も違っていて、手間取ってしまいました。。

練り上げたパスティヤージュを規定の厚さ・大きさに切り、抜き型で抜きます。
急がないと表面がどんどん乾燥して、ひび割れて汚くなってしまいます。
初めはあまり上手くできませんでしたが、だんだんとコツをつかんできました。

これらはそのまま乾燥させます。
乾燥させると、とても強度のあるパーツとなるそうです。

~ここでランチ休憩となり、午後は別の実習室にて作業をしました。~

午後は、同じパスティヤージュで、更に薄くて、複雑なパーツを作ります。
曲線を使った形なので、一つ一つフリーハンドでカットしなくてはならず、しかも厚さもとても薄いので壊れやすく、難航が予想されていました。

一つ試しに作ってみると、時間はかかりましたが何とか作ることができてほっとしました。

が、このパーツ、なんと60個も作らなくてはならないのです。。。

神経を使う孤独な作業ではありましたが、14時半から19時過ぎくらいまでかかって、何とか作り上げることが出来ました。
途中からアシスタントさんや他のメンバーの方も一緒に作業したので、早く出来上がりました。やはりプロの方は作業がとても早かったです。

その後は別室にて飴細工を行いました。

今日は飴の動物やケーキ、プレートを作る工程で、私は念願のプティ・ガトーを担当させてもらいましたが、小さくて道具が扱いにくいのと、作業が細かいのとで短時間ではコツがつかめず、全然できませんでした。
見た目よりかなり難しかったです。

そうしているうちにタイムリミットになり、実習室を後にしました。。

往復9時間の交通時間&久しぶりの実習で大変でしたが、楽しくて充実した時間でした。
来週・再来週も頑張りたいと思います。


★洋菓子教室”Salon de Reina” Grand Openは5月の予定です。★


by kurumi-sweets | 2011-04-10 23:40 | コルドンブルー 工芸菓子

ル・コルドン・ブルーの工芸菓子プロジェクトの第5回ミーティング@神戸に参加しました。

前回、前々回(欠席)で模型を作成し、ピエスの形がほぼ決まりました。
今回から作業に入っていくとのことです。

前半はパスティヤージュの土台作り。
粉砂糖・片栗粉・ビネガーなどを混ぜて生地を作り、成形して土台のパーツを作りました。
5キロもの粉糖があっという間に無くなり、大量の材料を使うことにびっくりしました。
(先日ちょうどお家で5キロの粉糖を購入し、使い切れるか心配していたところでした。)

これらは2-3週間乾燥させて、磨くとのことです。

後半は、試作のパーツの技法の説明と模型を使って、全体の調整が行われました。

柱のパーツは、本では同じ技法のものを見たことがありましたが、実物はびっくりするくらいきれいで作るのがとても楽しみになりました。

模型も初めて拝見し、初めの段階からかなり修正が加えられたそうですが、とても素敵だと思いました。模型を削ったり組み替えたりして、段々と細部まで決まってきた段階のようです。

そして今後の制作スケジュールなどが発表となり、ミーティングは終了しました。

もうすっかり夜で、京都に戻ります。
by kurumi-sweets | 2011-02-26 23:25 | コルドンブルー 工芸菓子