人気ブログランキング |

「お菓子なコルドン日記」を改名し、”Salon de Reina”と致しました。過去のル・コルドンブルー通学日記、自宅洋菓子教室、食べ歩きを中心とした日常を綴っています。


by kurumi-sweets
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ:東京會舘料理 中級( 21 )

東京會舘のお料理教室。
中級最後の製菓のレッスンは「マロンシャンテリー」と「クラシックショコラ」でした。

マロンシャンテリーは、昔から丸の内OLに人気の、伝統的なデザートだそうです。
皿盛モンブランというイメージでしたが、作り方はすごくシンプルで、たくさんの栗をクリームで覆うように、独特の形にクリームを絞って仕上げます。

練習用のクリームで何度かトレーニングします。
絞りは昔練習したので大丈夫かなと思っていましたが、球面にきれいに隙間なく絞るのは難しく、なかなか思うようにできません。

何度か練習した後で、いよいよ本番です。

やっぱりあまり上手くできませんでした。。。

が、これをマスターするのにプロでも何百個も作るので、一度でできたら困るよ、とシェフに励ましていただきました。
b0171885_12523780.jpg

もう一つのメニューは、クラシックショコラ。
ガトーショコラのような、ビターチョコの濃厚なケーキです。

私はビターチョコはあまり得意ではありませんが、こちらのケーキは中心部分が溶けるような感じでとても食感が良く、すごく気に入りました。
b0171885_12541867.jpg

by kurumi-sweets | 2011-09-13 23:50 | 東京會舘料理 中級

東京會舘のお料理レッスン。
中級最終回は旅行で参加できないため、今回が実質的には最後のレッスンです。

本日のメニューは「豚肉のコルドンブルー風」と「海老ピラフ ニューバーグソース」。

豚肉のコルドンブルー風は、お肉の間にハムとチーズを挟んで揚げたものです。
このような名前がついているのは知りませんでした。

揚げたてをカットすると、チーズがとろりと流れて美味しそうです。

ピラフの方は、そのままでもとても美味しいですが、海老を40匹以上も使って作ったおソースをかけると更に一段と美味しくて、かなりの量を食べてしまいました。
b0171885_12512742.jpg

なかなかお家で作る余裕がありませんが、また作ってみたいピラフでした。
by kurumi-sweets | 2011-09-06 23:40 | 東京會舘料理 中級

東京會舘の中華のレッスン。
中華は中級までしかないため、最後の中華レッスンでした。

メニューは麻婆豆腐と、鶏を揚げたものでした。

麻婆豆腐は豆板醤でシンプルに仕上げたもので、割と甘めでした。

Reina家のは陳麻婆豆腐系(mamaの中華の先生が、陳先生と一緒に修行されていたらしいです)なので、わが家のとはちょっと違いましたが、美味しかったです。
b0171885_12522656.jpg

b0171885_12524314.jpg


東京會舘料理教室では、平日夜間の中華コースもあるので、こちらも気になります。
by kurumi-sweets | 2011-08-29 23:40 | 東京會舘料理 中級

東京會舘のお菓子レッスン。

この日のメニューは、シトロンのジュレと、クッキーでした。

シトロンのジュレは、透明なジュレの中に、果物をきれいに並べて固めます。
東京會舘のゼリー系は、丁寧に作るからか、とっても美味しいのです。
見た目も涼しげで、夏向けのデザートでした。
b0171885_12123247.jpg


サブレの方は、好きな形に絞って作ります。
ハートやバトンなど、色々な形に作って楽しかったです。
写真は試食用に頂いたものです。
b0171885_12134818.jpg

中級のお菓子レッスンはあと1回で終了となります。

次回はいよいよマロンシャンテリー☆
by kurumi-sweets | 2011-08-25 23:40 | 東京會舘料理 中級

東京會舘のお料理レッスンでした。今週は2回授業が入っています。

メニューは「魚のチーズ焼き ほうれん草入り」と「シュークルート ソーセージ添え」です。

チーズ焼きの方は、魚を白ワインで蒸し、ほうれん草の上に並べ、チーズ入りのホワイトソースをかけて焼いたもの。
b0171885_12352177.jpg

全体像はこのような感じでした。縁の部分には、マッシュポテトを絞ってあります。
b0171885_12355029.jpg

今回は一般的なホワイトソースの他に、お手軽に作る方法も教えて頂きましたが、チーズソースにするとほとんどお味の違いは分からず、とても実用的だと思いました。

シュークルートの方は、刻んだキャベツを軽く漬け込んだものを、煮て作ります。
お家でよく食べるザワークラウトに似ていました。
(添えてあるソーセージは、元々できているものです。)
こちらはさっぱりとしていて、あっという間に食べ終わりました。
b0171885_123699.jpg

by kurumi-sweets | 2011-08-22 23:40 | 東京會舘料理 中級
以前から楽しみにしていた、カクテル講座を受講しました。
張り切りすぎて、一番に到着。

道具やお酒の説明を一通り受けた跡に、シェーカーを使って、カクテル作りの実習です。
b0171885_12321756.jpg

今回作ったのは以下の6種類。やっぱり楽しかったです。

・ジン・フィズ 會舘風
牛乳が入るのが特長的。甘くないカルピスのような印象。

・ピンクレディー
色がすごく可愛くて好み。卵白が入ってびっくり。

・ウイスキー・サワー
飲みやすいけど、やっぱりウィスキー味。

・ブルー・ハワイ
青色に抵抗があり今まで敬遠していましたが、初めて飲んでみました。
味も甘めで爽やかで美味しかったです。

・マルガリータ
よく飲む、好きなカクテル。テキーラ入りです。

・バラライカ
さっぱりとしたカクテル。お酒っぽくなかったです。
by kurumi-sweets | 2011-08-08 23:45 | 東京會舘料理 中級

東京會舘のお料理レッスンでした。
本日のメニューは、車えびのフライと、アメリカン・クラブハウス・サンドウィッチ。
どちらも好物&いつもとちょっと違う雰囲気のメニューで、楽しみです。

クラブハウスサンドは、トーストしたパンに、マスタードバター。
具はお野菜と、ベーコンと、ローストチキン。

実はベーコンとチキンはあまり好きではないのでどうかなと心配でしたが、カリカリに焼いたベーコンと、味付けしたチキンがとても美味しかったです。
というのも、このローストチキンは、手間ひまかけて作られた、東京會舘のローストチキンを使用しているからなのです。
カットして断面を見えるように並べて、完成です。

このアメリカン・クラブハウス・サンドは、東京會舘のレストラン「シェ・ロッシニ」で食べられますので、是非お試しください!
b0171885_12225544.jpg

フライの方は、マリネにした大きな海老に、卵白入りの衣を付けて揚げます。
ふんわりとした衣の海老フライです。
b0171885_12232434.jpg

余った材料&衣で、かき揚げも作りました。
by kurumi-sweets | 2011-08-04 23:40 | 東京會舘料理 中級

東京會舘のお料理レッスンでした。
メニューはローストポークと冷製スープ。

今日は久しぶりにU先生の授業だったのですが、最前列で眠ってしまいました・・
先生からも、疲れてるんだね、とお言葉をかけて頂き、ただただ申し訳ないばかり。

ローストポークはブロック肉に糸をかけ、焼き目を付けた後で蒸し焼きにして作ります。
おソースの他に、リンゴを煮て裏ごししたものを添えます。

デモでローストビーフも見せて頂き、その大きさにびっくり。
東京會舘のローストビーフは有名で、パーティー料理でも人気が高いのです。

付け合わせはポテトとオニオンのフライ。
ちょっと火を入れすぎてしまいましたが、ポテトがカリカリでとっても好みなものでした。

ポークは薄くスライスして、頂きます。
お肉の脂身は苦手で、必ず外して頂くのですが、このお料理では気にならず、美味しく頂くことができました。
b0171885_12361213.jpg

スープは、色々なお野菜が入ったポタージュの冷製です。
今日はおまけでコンソメのジュレも飾って完成です。
とても高級感があり、お家でも作ってみたいです。
b0171885_12362831.jpg

by kurumi-sweets | 2011-07-27 23:40 | 東京會舘料理 中級

東京會舘のお菓子レッスンでした。
メニューは「サヴァラン」と「タルト・オ・プリュノー」(プラムのタルト)です。

サヴァランは、イースト入りの生地をリング状の型で焼き、ラム酒入りシロップにトランペします。
生地は手ごねで面白そうでしたが、生地が減ってしまうため一人作業だったので、お家で今度やってみようと思います。かなり粘りのある生地で、絞りも難しかったです。

コルドンの基礎でもサヴァランは習いましたが、デモだけだったのでいつか復習しようと思い、結局試験準備などに追われてそのままになっていました。

シロップは思ったよりお酒が控え目。
アペリティフの日の、クラブ・ガレット・デロワのブースで頂いたサヴァランは、お酒好きな私は仕上げにラムをたっぷり追加してもらったので、それに比べると優しいお味でした。

サヴァラン大好きなので、とっても美味しくて、ぺろりと食べ終わって
しまいました。砂糖の量を考えなければ、いくつでも食べられそうです。
b0171885_1232321.jpg

こちらはトランペ前の生地。
b0171885_12331444.jpg

タルトは、パートシュクレを敷いたタルトに、アーモンドクリーム、プラムを詰めて焼きます。
仕上げにアプリコットジャムと、グラス・ア・ローとピスタチオ。

実習では全員がフォンサージュを体験。
フォンサージュを褒められました☆
でもお家で使っているマトファーより彫りが深めで、難しかったです。

クリームを詰めなかった分も、空焼きしました。

仕上げは先生がやってくださり、タルトの完成です。
b0171885_12335680.jpg

試食はこのような感じでした。
b0171885_12343519.jpg

帰りに、先生に質問をさせて頂いたところ、授業の内容のことではなかったのですが、色々親切に教えてくださりました。
プロのシェフに色々お聞きできる環境は、本当に恵まれています。

教えていただいたことを踏まえて、また試作をしたいと思います。
すごく可愛い作品ができる予定です。
うまくできたらお披露目しますので、楽しみにお待ちください☆
by kurumi-sweets | 2011-07-21 23:40 | 東京會舘料理 中級
東京會舘のお料理レッスンでした。

今回は「サーモンの冷製ニース風」と「若鶏のクリーム煮 シャンピニオン入り」です。

サーモンの方は、トマトに火を入れてペーストを作り、焼いたサーモンに塗ります。
アンチョビオリーブとケッパーを飾ります。

私はトマトの火入れを担当したのですが、思ったより時間がかかり、かなり暑かったです。。
空調はきちんとしているのですが、プロ使用のガスコンロはやっぱり強力です。
味が薄めで、アンチョビを崩して一緒に頂くのがお薦めのようです。
b0171885_1245770.jpg

若鶏は、捌いて焼いたものに、クリームソースをかけます。
これは初級クラスで似たようなのを習った気がしました。
付け合わせのヌイユは、私が味付けしたので濃い目になってしまいました。
b0171885_1246044.jpg

by kurumi-sweets | 2011-07-11 23:40 | 東京會舘料理 中級