人気ブログランキング |

「お菓子なコルドン日記」を改名し、”Salon de Reina”と致しました。過去のル・コルドンブルー通学日記、自宅洋菓子教室、食べ歩きを中心とした日常を綴っています。


by kurumi-sweets
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
レッスンの朝がやってきました。絶対に遅刻してはいけないので、かなり余裕を持って出発。
みんなが持ってるコルドンの袋(あれ保冷バッグだったんですね)も無事に購入。
今日から洋服用とお道具用のロッカーを使えます。
2箇所のロッカーを何往復かして、やっとこさデモルームに行くと、前の方の席は全て
埋まってました。


今日のデモはキャラメル・フランとクレーム・ブリュレ、フルーツサラダです。
「話したことは全部書くように、とのシェフのお言葉通り、真剣にノートをとっていきます。
シェフの手元を映したモニターからも目が離せないので、大変です。

プリンといえば、子供の頃の調理実習で大失敗した思い出があります。
蒸し器で蒸す作り方だったのですが、混ぜて蒸すだけと油断していたのと、
2人一組だったからお互い相手任せにして時間を見ていなかったことにより、長時間強火で
蒸し続けた、すが入りまくりのフワッフワの蒸し卵が完成してしまったのでした。。。

さて、目の前であっという間にプリンが出来て行きます。
焼いている間に、クレームブリュレの実演です。プリンと手順は同じなんですね。
違いや特徴なども教えて頂き、なるほどなぁと勉強になります。
次はフルーツサラダ。フルーツの扱い方のお勉強です。フルーツの切り方、持ち方、
道具の扱いのコツなど本当に色々なことを教えて頂きました。
こちらは切ったもの混ぜて、完成です。

続いてお待ちかねの試食です。その前にシェフの完成品の写真を撮る機会もありました。
授業中の撮影は禁止ですが、それは写真に熱中してメモをとらず、実習で困って
しまう人が出てしまうから、だそうです。
プリンはあっさりとしながらも卵の香りがしっかりで、濃いめのキャラメルとぴったりです。
クレームブリュレは、リッチなお味でしたフルーツサラダは一口食べてびっくり。
特別な材料は何も入ってないのに、お酒が入っているかのような深みのある、複雑な
味わいでした。中に入っているジュースは、何かこだわったものなのかと思いましたが、
100%オレンジジュースであれば、何でも良いそうです。シンプルなサラダなのに
どこか一味違う・・さすがコルドンです。

予定をだいぶ過ぎて、デモが終了しました。3時間半、休憩無しです。こんなに集中したのは
しばらくぶりです。お昼休憩を挟んで、午後は実習授業です。
時間がないので、お昼ごはんは持ってきたほうが良さそうです。


いよいよ実習です。少し早めに到着したつもりが、エプロンや帽子等の身支度に手間取って
いるうちに最後の一人になってしまいました。これからずっと同じ台で実習します。
初心者ですが、何卒、宜しくお願い致します!

初めに、調理器具の場所の説明を受けましたが、なぜか全く頭に入ってきません。
そして各自道具を準備し、計量からどんどん始めて行きます。私は場所が分からないので
オロオロ、、やっと計量を終えると、早い方は、完成したカラメルを冷やしています。
カラメルは、色が薄いとダメと伺ったので、火を止めたいのを我慢して、ちょっとこんがり目に
できました。水を加えても跳ねないコツを教わったので、ばっちりです。
続いて生地を作ってオーブンで焼きます。ここまで失敗もなく(当たり前か・・)、
ようやく落ち着いてきました。

フルーツサラダをほぼ作り終わってる方もちらほら・・。遅ればせながら、フルーツを切って
いきます。が、包丁を持つ手が慣れていないので、周りの人よりさらに遅れてしまいます。
普段お料理しないのがバレバレです(^^;
リンゴの皮をむくピーラーは、普段使っているのとは違う形で、持ち方からして分かりません。
思ったようにむけません。シェフやアシスタントの方にむき方を教えて頂きました。
慣れるとこちらの方が早くて疲れないそうですが。練習が必要だなぁと思いました。
オレンジも、なかなかうまくできません。よく見ると、ノートに切り方が細かく書いてあったけど
何となく急いでしまって、見ながらやる余裕がありません。

プリンは予定より時間がかかって焼きあがりました。これからオーブンの癖にも慣れないと。
冷やしてお皿にひっくり返せば、プリンの完成です。崩れるのが怖くて、ぎりぎりまでプリンを
冷やしてから提出しました。きれいにひっくり返せました!
でも、もーしかしたら、早く提出した方が点がよかったのかも。

評価は、オーブンの調子がイマイチでプリンの固さがゆるかったことは仕方ないとのこと。
カラメルをほめて頂きました。

無事に終わってほっとしました。
へとへとになりながら、ずっしりと重いフルーツサラダと、プリン7個を持って帰ったのでした。

お家では、家族が楽しみに待っていました。早速試食タイムです。
papaにはフルーツサラダが好評で、早速コルドン通いを理解してもらえたようで何よりです。
mamaにはプリンが気に入ってもらえて、カラメルが濃くて水あめ状になっていたものの
それも怪我の功名で好評でした。(カラメルの塊は、冷蔵庫で冷やすうちに溶けるので、
プリンは通常少し落ち着かせてから食べるそうです。)


コルドンデビューの長い一日が終わりました。
そして、取りあえず基礎のみ申し込んでいたのですが、第一回の授業に行っただけで、
事情が許せば、次のコースに行きたいなぁと思ったのでした。
# by kurumi-sweets | 2009-04-05 21:55 | コルドンブルー 基礎 レッスン

明日から・・

明日からいよいよレッスンが始まります。
授業用ノートはルーズリーフと迷ったけど、外国の学生が使うようなイメージのノートを
輸入雑貨屋さんで購入しました。ペンも、お水がはねてもいいように油性を用意です。
お道具達に貼る名前シールも、手作りしてこだわってみました。
先日コルドンで教わった通り、名前を書いたシールを張った上に、セロハンテープを
貼っておくと、調理器具を水洗いしてもはがれにくいとのことで、そうしました。

そんな感じで準備は整ったのですが・・・
果たして授業についていけるのだろうか、と不安になってきました。
中学・高校時代は、料理好きなmamaの影響で、休みの度にお菓子を作ってたけど、
最近は全くやらない。当時はお菓子を見れば作り方が分かったし、レシピを読んで頭の中で
作るのが楽しいという子だったけど・・

大荷物を車輪付のキャリーバッグに詰めながら、不安は膨らんでゆくばかりでした。
# by kurumi-sweets | 2009-04-04 01:08 | コルドンブルー 基礎 レッスン
待ちに待ったコルドンのオリエンテーションです。
お道具一式とユニフォーム等を受取るので、大きな袋を用意して下さいとのこと。
憧れのコルドンのコックコートと帽子、かなり楽しみです!

実はこの日がコルドンに行くのが初めてでした。今年の4月に入学するって決めていたので、
学校説明会にも行ってないんです。体験レッスンも満席で行けず、、、
代官山は大好きだったドラマ「やまとなでしこ」の舞台。この街に毎週通えるだけで幸せです。
地図を頼りにコルドンブルーの看板を見つけました。随分大回りしてしまいましたが。

受付を済ませるとまずはユニフォームの試着→サロンでオリエンテーションがありました。
日曜の菓子基礎講座は満席とのことです。校則等の説明を受けたら、お道具のチェックです。
本格的な包丁セット、お菓子作りのお道具や作品を入れる容器等、予想以上にすごい量。。
それからルセット(レシピ)のファイルの確認です。コルドンのルセットは、材料しか書いてなくてびっくり。デモの授業でとった自分のノートのみを見て、実習授業で作品を仕上げるそうです。その後、ロッカーの使い方を教わったり、学校管理用の写真撮影をして、終了となりました。

折角の代官山なので、前から行きたかった「イル・プルー」でお茶・・と思っていたのですが、
あまりの荷物の多さに断念しました。次回からはロッカーを貸して頂けるとのことでしたが、
今日は全て持ち帰って、名前を書くのがまず一仕事です。

家に帰って、さっそくユニフォームを着て写真を撮っちゃいました。
# by kurumi-sweets | 2009-03-28 23:30 | コルドンブルー 基礎 レッスン